ミニマリストがモノを所有する基準②:使える期間

MINIMALISM


Warning: preg_match_all(): Empty regular expression in /home/calmrhythm/calmrhythm.com/public_html/wp-content/themes/mblog_ver3/functions.php on line 201

ミニマリストがモノを所有する基準の2つ目は「使える期間」について。
これは所有する事を前提とした時に、何れを選択するか?という話。

使える期間

そのモノが「使える期間」がどれくらいか知っておきたい。
同じ役割を果たしてくれるモノでも使える期間は変わってくる。
例えば電化製品であれば、いつか故障して使えなくなってしまう。
所有するコストを使える日数で割ることで本来のコストが見えてくる。
例としてPCを購入することになった際、下記で比較したらどうだろうか。

・A社のPC:1万円で1年使える
・B社のPC:3万円で5年使える

一見、A社のPCの方がお得に見えるが、
A社のPCを5年使うとなると5万円のコストがかかり、
買い換える手間もかかるので、B社のPCの方を選んだ方が良いことになる。
これは値札だけ見て比較していては分からない。

また、モノによってはメンテナンスを行ってくれるサービスも付いてくる。
例えば、飛騨産業株式会社の家具はなんと10年保証だ。
10年保証 | 飛騨産業株式会社公式サイト
安心して使い続けることが出来る素晴らしいサービスだと思う。

コスト面だけでなく、精神面でも良いものを長く使える方が気持ちが良いと思う。
使える期間を考えてモノを所有したい。