ミニマリストがモノを所有する基準④:使える機能

MINIMALISM


Warning: preg_match_all(): Empty regular expression in /home/calmrhythm/calmrhythm.com/public_html/wp-content/themes/mblog_ver3/functions.php on line 201

ミニマリストがモノを所有する基準の4つ目は「使える機能」について。

使える機能

これは3つ目の「使う目的」に関連してだが、「使える機能」を複数持ったモノを所有しようという話。

分かりやすい例を出すと、「iPhone」。
スティーブ・ジョブスはiPhoneを初公開した際に、そのモノが3つの機能を兼ねていることをユニークにプレゼンし会場を沸かせた。

・「ワイド画面タッチ操作のiPod」
・「革命的携帯電話」
・「画期的ネット通信機器」

当時、音楽好きな私にとって、iPodは必需品だったので、
同じく必需品であった携帯と一体化してくれるのは画期的であった。
iPhoneはその後も進化をして、自分が今使っている機能だけで考えても、
本来沢山のモノを所有しなければ叶えられなかった目的をポケットに入るiPhone1つで叶えられている。

・時計:時計
・Wallet:財布・定期
・時刻検索:時刻表
・スケジュールアプリ:手帳
・カメラ機能:カメラ
・ラジオクラウド:ラジオ
・聴く日経:新聞
・Kindle:本
・楽天マガジン:雑誌
・Sleep Cycle:目覚まし時計
・計算機:計算機

このようにあなたの複数の目的を叶えてくれるモノを探してみよう。
今まで2つ、3つ所有していたものが1つで済めば自ずとモノは減っていくはずだ。

参照:その発想はなかった!色々なモノの意外な使い道
https://news.infoseek.co.jp/feature/surprising_way/