穏やかに生きたくて、ミニマリストになる

MINIMALISM


Warning: preg_match_all(): Empty regular expression in /home/calmrhythm/calmrhythm.com/public_html/wp-content/themes/mblog_ver3/functions.php on line 201

私がミニマリストになった理由は、「なんだか生きやすそうだな」と思ったから。
ビートたけしのTVタックルで佐々木典士さんが出演した回「「ミニマリスト」は本当に幸せなのか?」を観たのがきっかけだ。

佐々木典士さん

佐々木さんの家にはモノがほとんどない。
でも、限られた持ち物1つ1つにこだわりが感じられ、全てが輝いて見えた。
その当時、私の部屋には「とりあえずあった方が良いと思う」モノに囲まれていて、
モノを沢山所有することで安心するマキシマリストだった。

どこかで非合理的と思いながら生きていて、自分と真逆の生き方をしていた佐々木さんを見て、
直感的に「こっちの方が良い」と思ったのだ。

「ミニマリスト」って何?

佐々木典士さんの「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -」を読み、
良いと思った考えを取り入れて、モノを減らしていった。
ついには人からは「ミニマリストだね」と言われるようになった。

でも改めて思う、「ミニマリスト」って何なんだろう?
モノを減らし続けて、本当に何も持っていない状態がゴールなのか?
また、「ミニマリズムの本質」はモノだけでなく、コトや考え方にも通じる部分があるはず。

今、私にとって「ミニマリストなる事」は、穏やかに生きるための手段だと思っている。
このブログを通して、自分の考えを整理して、穏やかな人生にしたい。