ミニマリストの持ち物③:三菱鉛筆 多機能ペン ピュアモルトプレミアム 4&1 0.7 ブラック MSXE520050724

MINIMALISM


Warning: preg_match_all(): Empty regular expression in /home/calmrhythm/calmrhythm.com/public_html/wp-content/themes/mblog_ver3/functions.php on line 201

今回紹介するのはボールペン「三菱鉛筆 多機能ペン ピュアモルトプレミアム 4&1 0.7 ブラック MSXE520050724」

使う頻度:365日×30分

間違いなく毎日使っている所有物で、手帳や付箋にメモをするために使っている。アナログだが手軽さを考えるとまだ紙とペンは捨てられない。

使える期間:3年以上

このボールペンが気に入り使い始めたのが2015年7月〜で、どの場所でも使えるよう買い足して現在4本所有している。1本クリップ部分が折れてしまい買い換えたが、それ以外は現役。中の芯を交換すればまだまだ使えると思う。芯の維持費を抜いてだが、当時1,427円で購入しているので、1本あたり1.3円/1日のコストになっている。まだまだ使い続けることが出来そうで、現在(2019年1月)amazonで1,190円と値下げされており、レビューを見ると6年ほど使用されている方もいる。ボールペンとしては少々高いかもしれないが、使える期間を考えると、所有する価値はあると思う。

使う目的:文字を書く

todoリストの作成、リフレクション、メモを取るなど・・・自分の頭の中を整理する上で文字に書き起こすのは私にとって必要な行為だ。現状アナログなボールペンは手放せない。この先デジタルのメモ帳で納得いくものが出てくるまでは使い続けるだろう。

使える機能:6つ

文字を書くという点では1つだが、私がこれを所有している理由の1つが4色+シャーペン、そして消しゴム使えるため6つ機能がこの1本に集約されていること。現状、手帳にメモ書きする際など赤字や他の色が欲しい時があるし、資格の試験などでシャーペンが必要時が出てくる。これに切り替えるまでは、複数のペンと消しゴムを筆箱に入れて所有していたが、なんとか1本に出来ないかと探した結果これに辿り着いた。1年の内で文字を書く際には、99%このボールペンで済んでる。

デザインとストーリー:★★☆

上記の通り、複数の機能を持っていながら、デザイン面でも気に入っているのでこのボールペンは手放せない。ウッドグリップは商品ごとに色目が違い、経年変化も楽しめる。黒色の落ち着いたデザインで高級感もある点も良い。