ミニマリストの持ち物⑤:ダイソン 空気清浄機能付 ヒーター dyson Pure Hot + Cool HP01WS ホワイト/シルバー 2015年モデル

MINIMALISM


Warning: preg_match_all(): Empty regular expression in /home/calmrhythm/calmrhythm.com/public_html/wp-content/themes/mblog_ver3/functions.php on line 201

今回紹介するのは夏と冬に大活躍のヒーター「ダイソン 空気清浄機能付 ヒーター dyson Pure Hot + Cool HP01WS」

使う頻度:180日×3〜4時間

夏は扇風機として、冬はヒーターとして、季節問わず空気清浄機として使えるヒーター。それゆえ年間の半分ほどはクローゼットから出して使っている。昨今季節外れの暑さや寒さに襲われる日があるが、そんな時も手軽に取り出して使えるから良い。1年を通して自宅を快適にしてくれている。

使える期間:2年以上

私の場合はメルカリで自分が手放して貯めたポイントを使って中古品を35,000円で購入した。以前所有していた方が2016年の6月に購入されたとの事なので2年半ほど使えていることになる。私が使い始めて2年ほどたつが、電気代を加味せず考えると、現状1日48円ほどのコストで所有していることになる。

使う目的:室内の温度を下げる・上げる

一番の大きな目的としては冬に室内の温度を上げるためであった。私は7畳ほどの部屋に住んでいるが、このヒーターだけでも十分部屋が温まる。こうゆう時にモノが少なく小さな部屋に住んでいるメリットを感じる。夏も部屋の温度を下げるために使っており、その目的も果たしている。

使える機能:3つ

冬はヒーターとして、夏は扇風機として、さらに空気清浄機として3つの機能が一体化しているとことがこのモノの一番のストロングポイントだたお思う。上記の通り冬のヒーターとして購入したのが一番の目的であったが、夏は扇風機の代替品としても活躍してくれているため、扇風機を手放すことが出来た。また花粉症に悩まされているので、空気清浄の機能が付いているのが嬉しい。それぞれの機能を独立して所有するとかなりの面積を必要とするだろう。その点でこのヒーターは画期的だと思う。

デザインとストーリー:★★☆

羽のない扇風機で話題になったダイソンの製品。シンプルなこのデザインが好きだが、それ以上にこの形状ゆえ手入れがしやすいところも良い。扇風機は羽に埃がたまると、フレームを開けて掃除をしたり、細かい場所は埃が取りづらかったりする。これはシンプルな形状のため、クイックルワイパーのハンディータイプなどでサッと掃除することも出来、毎日気持ちよく使う事が出来る。そしてこのホワイト・シルバーのデザインはどの部屋にも自然に溶け込んでくれるだろう。